マタニティブルー - マタニティブルーは、アロマケアと旦那様の理解でなんとかなる

暮らしとアロマ

マタニティブルーは、アロマケアと旦那様の理解でなんとかなる

更新日:

妊娠・出産は女性の人生の中でも大きな転機点であり、心身共に大きな影響が出る時期でもあります。

体の中では胎児が赤ちゃんへと成長するにあたり、女性ホルモンのバランスが大きく変化します。

 

そんな中、精神面での感情コントロールが難しくなり、情緒不安定になりがちです。

妊娠・出産というのは幸せなことなのに、そのコントロールがうまく効かずマタニティブルーに陥ってしまう女性も多くいます。

 

そんな時期だからこそ、アロマの力でマタニティブルーを乗り切ってみてはいかがでしょうか?

マタニティブルーはなぜ起こるの?

unnamed file - マタニティブルーは、アロマケアと旦那様の理解でなんとかなる

妊娠中の女性2人に1人の確率でマタニティブルーになるというデータがあります。

マタニティーブルーはなぜ起こるのでしょうか?

 

妊娠中は妊娠初期には胎盤や臍帯を作るための特別なホルモンが盛んに分泌され、

妊娠後期にはプロゲステロン(生理中や生理前にイライラの原因ホルモン)がたくさん分泌されます。

 

このホルモンバランスが急激に変化し乱れることにより、不安や悲しみなど気持ちに変化が出てきます。

マタニティブルーはそのホルモンバランスの変化によって一時的に起こるものです。

 

マタニティブルーの症状とは?

マタニティ症状 - マタニティブルーは、アロマケアと旦那様の理解でなんとかなる

 

マタニティブルーの症状は以下の症状が挙げられます。

  • イライラする
  • 急に不安に襲われる
  • 悲しい気持ちになり、涙もろくなる
  • 何に対しても興味がなくなる
  • 自己嫌悪に陥る

 

女性ホルモンが与える心身への影響とは?

妊娠すると体内ではエストロゲンとプロゲステロンが盛んに分泌し、妊娠後期になると月経周期時の数十倍にもなります。

そして、出産後には両ホルモンとも平常時より少ない量まで激減します。

 

そこから数週間〜数ヶ月にわたって平常時の分泌量に戻っていくのです。

そのホルモンバランスの変化はジェットコースターのように急激であるので、情緒不安定になったり、

イライラしてしまうのはそのためです。

産前、産後ともに心身への影響を与えるのです。

 

妊婦さんにオススメの精油(アロマ)

AdobeStock 42378611 e1541138947695 - マタニティブルーは、アロマケアと旦那様の理解でなんとかなる

 

ラベンダー

ラベンダーの語源は「洗う」という意味のラテン語と言われています。

その名の通り心の痛みや憂いなどの感情を洗い流し、自分らしさを取り戻すのを助けてくれます。

心を鎮めて緊張を和らげる効果があります。※妊娠初期は使用を控えましょう。

 

プチグレン

副交感神経の働きを高めて自律神経のバランスを調整する効果があります。

柑橘系の香りなので親しみやすい精油(アロマ)です。

 

レモン

柑橘系のレモンは胃腸の働きを高める効果があるので、つわりなどの症状におすすめです。

また、冷静な判断や意欲を高める効果もあるので、脳を刺激しリフレッシュできるので、マタニティブルーにもおすすめです。

 

ネロリ

自律神経のバランスが乱れているときに心身の不調を和らげる作用があります。

妊娠中のストレスや出産時の不安の緩和に効果的です。苦さと甘さを持つ繊細なフローラル系の香りです。

 

ベルガモット

爽やかな香りの柑橘系の香りは心が沈んでいる情緒不安定な気持ちに救いを差し伸べてくれます。

深い部分からゆっくりと過度の落ち込みや不安を戻してくれます。

ベルガモットは光毒性が強いので、皮膚などに塗布した場合には6時間以上は日光に当たるのを避けてください。

 

妊娠中避けるべきアロマ

AdobeStock 171134275 e1541137720681 - マタニティブルーは、アロマケアと旦那様の理解でなんとかなる

精油は非常に濃度が高いため、その効果が強いものや皮膚刺激を起こすものもあります。

特に妊娠中の精油(アロマ)の使用に関しては注意が必要です。

 

妊娠初期は基本的に精油の使用は避け、妊娠中期以降も子宮を刺激する精油や毒性が強いものは使用できません。

また、妊娠中は皮膚が敏感になるため通常よりも低濃度で使用をしましょう。

妊娠中に使用禁止の精油

クラリセージ

クローブ

シダーウッド

ジュニパー

ジャスミン

バジル

ペパーミント

ユーカリ

レモングラス

ローズマリー

上記の他にもその性質がわかっていない何百種類もの精油(アロマ)があるので、

むやみに精油(アロマ)を選ぶことはしないほうが良いでしょう。

 

ご使用前にお読みください

 

妊婦さんにオススメのアロマケア

aroma 1 - マタニティブルーは、アロマケアと旦那様の理解でなんとかなる

妊娠中のアロマオイルの使用にあたっては注意し、低濃度での使用にしましょう。

また、体調がすぐれないときやお腹が張っている時には使用は控えるようにしましょう。

 

芳香浴

ディフューザー 300x300 - マタニティブルーは、アロマケアと旦那様の理解でなんとかなる

お部屋にアロマを香らせる芳香浴がおすすめです。

ボウルにお湯を張ってアロマオイルを5滴ほどたらせば、簡単に芳香浴が楽しめます。

他にもアロマディフューザーを使えば長時間香りが持続したり、部屋中にアロマの香りが行き渡ります。

 

アロマバス

AdobeStock 66139621 - マタニティブルーは、アロマケアと旦那様の理解でなんとかなる

浴槽に直接アロマオイルを垂らす方法です。妊娠中は禁忌アロマに注意して選び、1~2滴に留めておきましょう。

また、冷え防止のためにフットバスに精油を入れることもおすすめです。

妊婦さんにとって冷えは大敵ですので、アロマを入れたフットバスで足元からじっくりと体を温めましょう。

 

アロマトリートメント

アロママッサージ 300x300 - マタニティブルーは、アロマケアと旦那様の理解でなんとかなる

アロマオイルを使った部分的なアロマトリートメントもおすすめです。

足のむくみや腰痛、背中の痛みなど妊婦さんの体には普段感じない辛さがあります。

 

マイナートラブルの緩和にはとても役立ちます。

ただ、長時間寝ているのは体にも負担があるので、部分的なトリートメントにしましょう。

 

セラピストさんから受けるアロマトリートメントの他、セルフケアとしても植物オイルにアロマを混ぜ、

揉みほぐしてあげることで、心身共に楽になるでしょう。

 

アロマケアも大事だけど…旦那様!あなたの理解が重要なんです!

マタニティ夫 300x199 - マタニティブルーは、アロマケアと旦那様の理解でなんとかなる

アロマも大事だけど、もっと大事なのは旦那さんの理解です!

別に性格が悪くなった訳ではない、余裕がないからイライラしたり、情緒不安定な訳ではないんです!

 

急激なホルモンバランスの変化によって引き起こされるものなので、

マタニティブルーを理解して優しくしてあげてくださいね!

 

むしろ旦那様がアロマの準備をしてあげるなどいつもよりマシマシで奥様にサービスしてあげてください!

それに疲れたら自身でアロマケアなどもいいですね( ◠‿◠ )

 

まとめ

妊婦さんは幸せな気持ちがある反面、

不安や情緒不安定などのマタニティブルーを経験する方も多いのが現実です。

ホルモンバランスの変化は心身ともに影響を及ぼすため、ぜひアロマテラピーの力に頼ってみてくださいね。

 

ただ、妊娠中のアロマオイル使用の際には普段より気をつけて使用しましょう。

アロマオイルで心身の不調やストレス解消して、快適なマタニティライフを過ごしてくださいね。

タグクラウド

  • この記事を書いた人

ku-kun

COUP株式会社 代表取締役 日本フレグランス協会(JFA)所属 日本らしい新しい香り文化の創出をミッションとし、日々香りの発信と香りを使って暮らしを豊かにする活動をしている。 好きな食べ物 : チョコレート・チーズバーガー・ドクターペッパー 趣味     : 映画鑑賞・読書・団体スポーツ

-, , 暮らしとアロマ
-, , , , , , , ,

Copyright© 暮らしと香り , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.